財産に関する要件

請負契約を履行するに足りる財産的基礎等があることが必要です。

 

許可をうけるにはこの要件満足することを申請者が証明する必要があります。

 

1.一般建設業の場合

次のいずれかに該当すること

1. 自己資本が500万円以上ある

2. 500万円以上の資金調達能力がある

3. 直前5年間許可を受けて継続して営業した実績があり、かつ、現在許可を有している

 


 

2.特定建設業の場合

次の全ての要件に該当すること

1. 欠損の額が資本金の20%を超えないこと

2. 流動比率が75%以上であること

3. 資本金が2,000万円以上あること

4. 自己資本が4,000万円以上あること

 


【関連ページ】

建設業許可申請トップページ

建設業許可が必要な場面

建設業29業種の分類

国土交通大臣許可と都道府県知事許可

一般建設業と特定建設業

建設業法における営業所

人に関する要件

財産に関する要件

その他の要件・欠格要件

建設業許可後の手続き

建設業法関連業務・費用

TOPへ戻る