宅地建物取引業とは

免許を要する宅建業とは、不特定多数の人を相手方として、宅地または建物に関して表にある行為を反復または継続して行い、事業の遂行と見る程度のものをいいます。

区分 自己物件 他人の物件の代理 他人の物件の媒介
売買
交換
賃借 ×

 

【関連ページ】

宅建業免許申請トップページ

宅建業免許の区分

専任の取引主任者

事務所について

免許を受けられない場合

営業保証金

宅建業関連業務・費用

TOPへ戻る