社会保険未加入だと経営事項審査で減点になる

2015年9月17日 / 建設業許可

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

経営事項審査の審査項目

 

経営事項審査の審査項目には経営規模、技術力、経営状況とその他の審査項目があります。

 

その他の審査項目とは社会性等をみるもので、労働福祉、建設業の事業継続、防災活動への貢献、法令遵守等が項目になっています。

 

労働福祉には雇用保険加入、健康保険加入、厚生年金加入など6つの項目があり、雇用保険、健康保険、厚生年金に未加入だとそれぞれ40点の減点になります。

 

建設業許可の許可申請や更新申請の必要書類には、社会保険の加入状況を記載する書類はありますが、たとえ未加入でも許可申請や更新はできます。

 

公共工事を請負うのに必要な経営事項審査では、社会保険の未加入というのは大きな減点対象になるということです。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る