建設業許可の申請から処理されるまでの期間

2016年5月24日 / 建設業許可

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

行政の標準処理期間

 

建設業の許可申請が受理されたら、許可通知が来るのが待ち遠しいものです。

 

実際にどのくらいの期間で処理されるのでしょうか。

 

東京都の建設業許可の手引書には、知事許可は受付後30日、大臣許可は受付後3ヶ月と書かれています。

 

また、東京都が公開している標準処理期間では25日となっています。

 

そして、実際には30日以内には申請者のところに許可通知が届いているようです。

 

更新と業種追加を同時に申請すると更新の満了日に合わされる

 

建設業許可更新の場合は、現在の建設業許可の有効期限の満了日以降に許可通知書が郵送されますが、許可更新の申請が受付されていれば、有効期限が満了しても許可通知書が届くまでは従来の建設業許可は有効になります。

 

建設業許可の更新と合わせて業種追加の許可申請をした場合は、許可更新の満了日以降に許可通知書が郵送されますので、追加申請した業種についても同じタイミングで許可されることになります。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る