太陽光発電設備の設置

太陽光発電設備を設置するには、事業用電気工作物の設置に関する手続きが必要です。

 

1.工事計画の事前届出

 

2000kW以上の太陽光発電設備を設置する工事には事前の届出が必要です。

工事計画事前届出をしてから30日のうちに所轄の産業保安監督部より変更の指摘がなければ、工事に着工することができます。

すなわち、工事計画事前届出をしてから30日は工事の着工ができません。

 


2.保安規程の作成と届出

保安規程は自家用電気工作物の工事、維持および運用に関する保安を確保するために設置者が定めるルールで、設置者およびその従業者は保安規程を守らなければなりません。

 

(1)保安規程の項目

保安規程には、主に次の項目について具体的に定める必要があります。

● 電気工作物の工事、維持または運用に関する業務を管理する職務および組織に関すること。

● 電気工作物の工事、維持または運用に従事する者に対する保安教育に関すること。

● 電気工作物の工事、維持または運用に関する保安のための巡視・点検および検査に関すること。

● 電気工作物の運転または操作に関すること。

● 発電所の運転を相当期間停止する場合における保全の方法に関すること。

● 災害その他非常の場合にとるべき措置に関すること。

● 電気工作物の工事、維持および運用に関する保安についての記録に関すること。

● 事業用電気工作物の法定事業者検査に係る実施体制及び記録の保存に関すること。

● その他、電気工作物の工事、維持および運用に関する保安に関し必要な事項。

 

(2)保安規程の届出

設置者は、作成した保安規程を国(産業法案監督部または商務流通保安グループ)に届け出る必要があります。

また、届け出た保安規程に変更があった場合も国(産業法案監督部または商務流通保安グループ)に届け出る必要があります。

 


3.電気主任技術者の選任と届出

 

電気主任技術者は、自家用電気工作物の工事、維持および運用に関する保安の監督をさせるために、自家用電気工作物の設置者が選任する有資格者です。

自家用電気工作物の工事、維持および運用に従事する者は電気主任技術者がその保安のためにする指示に従わなければなりません。

自家用電気工作物の設置者は、設備または事業場ごとに電気主任技術者を(1)~(3)のいずれかの方法により選任するか、(4)の方法により保安管理業務外部委託の承認を得る必要があります。

 

(1) 有資格者選任

電気主任技術者免状の交付を受けている人を電気主任技術者として選任すること。

 

(2) 有資格者以外の選任

電気主任技術者免状の交付は受けていないが、電気設備に関し一定の知識・技能を有する人を電気主任技術者として選任すること。

(電気工事士免状をもっている人、工業高校の電気科で規定の科目を修めて卒業した人など)

 

(3) 兼任

設置者が既にある自家用電気工作物の事業場の電気主任技術者として選任している者を、別の自家用電気工作物の電気主任技術者として兼任させること。

 

(4) 保安管理業務外部委託

電気管理技術者(電気設備の保安業務を専門に行っている個人事業者)または電気保安法人(電気設備の保安業務を行っている法人)に保安業務を委託すること。

 

 


【関連ページ】

新電力(PPS)の開始手続きトップページ

新電力事業を始めるのに必要な手続き

太陽光発電設備の設置

燃料電池発電設備の設置

新電力事業開始の関連業務・費用

 

TOPへ戻る