風俗営業の分類

1.風俗営業

風俗営業は風俗営業法2条1項1号~8号で営業の業態ごとに定義されています。

分類 具体例 客にさせるダンス 接待の有無 飲食提供
1号営業 キャバレー、ショーパブ
2号営業 料亭、クラブ、キャバクラ、スナック ×
3号営業 ナイトクラブ、ディスコ ×
4号営業 ダンスホール × ×
5号営業 照度10ルクス以下の喫茶店、バー × ×
6号営業 見通し困難かつ客席の広さ5㎡以下の喫茶店、バー × ×
7号営業 マージャン屋、パチンコ屋
8号営業 ゲームセンター

接待とは客に同席しての歓談や、一緒にカラオケを歌ったりする行為をさします。

営業時間は原則として日出から翌日午前0時まで

 


2.性風俗関連特殊営業

いわゆる性風俗業は「性風俗関連特殊営業」として風俗営業と区別して定義されています。

規定 具体例
店舗型性風俗特殊営業 ソープランド、ファッションヘルス、ラブホテルなど
無店舗型性風俗特殊営業 デリバリーヘルスなど
映像送信型性風俗特殊営業 インターネットのアダルトサイト、アダルトVODなど
店舗型電話異性紹介営業 店舗型テレフォンクラブなど
無店舗型電話異性紹介営業 在宅型テレホンクラブなど

 


【関連ページ】

風俗営業許可申請トップページ

人に関する基準

場所に関する基準

設備に関する基準

申請に必要な書類

風俗営業法関連業務・費用

TOPへ戻る