電源コードセットと電気用品安全法(PSE)

2019年3月14日 / 電気用品安全法

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

電気機器の付属品の電源コードセット

 

電源コードセットは電線の両端に差込プラグを組み合わせたものです。

 

電気機器本体から電源コードがのびておらず、本体にはプラグの差込口があり、電源コードセットの片方のプラグを本体側差込口に、もう片方のプラグを家庭用コンセントに差し込んで電源の供給を受けるためのものです。

 

パソコン、プリンター、テレビなど多くの電気製品で使われていますが、多くは電気製品の付属品として本体に同梱されています。

 

電気用品安全法では、電源コードセットをコンセント側の差込プラグ、電線、機器側の差込プラグの複合品になっており、輸入した電源コードセットを販売するにはそれぞれが日本の技術基準に適合していることを確認する必要があります。

 

電源コードセットの例外

 

汎用性がない電源コードセットを電気機器本体と同梱して輸入する場合は、電気機器の一部とみなされ電気機器の手続きをすることで、電源コードセットの手続きは必要ありません。

 

汎用性のない電源コードセットとは機器に直付けされているもの、特殊な接続器による接続で他の機器では使用できないものなどが該当しますが、電源コードセットが同梱されている機器専用で他の機器では使用できないことを取扱説明書に記載されていても汎用性がない電源コードセットと扱うことができます。

 

電気機器本体を輸入して、電源コードセットを日本国内で調達したものと同梱して販売する場合は、電源コードセットにPSEマークがあることを確認しなければなりません。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る