電気用品安全法におけるACアダプター(PSE)

2019年4月11日 / 電気用品安全法

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

電気用品安全法におけるACアダプター

 

ACアダプターは電気用品安全法では直流電源装置の電気用品名で特定電気用品に該当します。

 

一般的には直流の電源供給が必要な機器に同梱される事が多く、パソコンやスマートフォンなど充電して使用する電気製品の充電器も直流電源装置に含まれます。

 

電気機器の付属品として同梱されて輸入することも多いため、電気機器本体が電気用品安全法の対象でない場合に、輸入事業の届出や技術基準の適合の確認などを忘れて販売しないよう注意が必要です。

 

電気用品安全法の対象にならない直流電源装置

 

直流電源装置でも、無線通信機の試験用のもの、その他特殊な構造のものは電気用品安全法の対象から除かれます。

 

無線通信機の試験用のものとは次のようなものを言います。

 

  • 直流電源装置の電源の開閉を負荷側にある機器の操作によって行うことができる。
  • 無線通信機と一体構造である。
  • 無線通信機と専用のコネクター、ケーブル類で接続され、本体の無線通信機以外の電源に使用することができない。
  • 無線通信機の監視用として精密級以上の精度を有するメーターが組み込まれている。
  • 無線通信機の高周波特性等をモニタリングするための計器(定在波測定器、スペクトラムアナライザー等)が内蔵される。

 

また、その他の特殊な構造のものは次のようなものを言います。

 

  • ラジオ・テレビ等の修理又は調整等に用いられるサービス業者専用の測定用計器が内蔵される。
  • 高度管理医療機器又は管理医療機器として一体で用いるために設計・製作されたもの。この場合の「一体」とは、当該医療機器を構成するものとして医薬品医療機器等法の承認又は認証を受けることをいい、これらの医療機器以外の機械器具にも用いられるときを除きます。
  • 電子計算機、無線通信機、自動制御機器等に組み込むために特別に設計・製作されたもの。この場合の「特別に設計・製作される」とは、専ら当該機械器具に取り付けることを前提として設計・製作され、当該機械器具に内蔵されるときに限られます。
  • 防爆構造である。
  • 工場又は事業場の配電盤、計器盤等に付属して用いられるもの。

 

直流電源装置は特定電気用品

 

直流電源装置は特定電気用品に該当しますので、技術基準の適合の確認だけでなく、登録検査機関で適合性検査を受ける必要があります。

 

輸入事業者は登録検査機関が交付した適合同等証明書の副本の原本を入手して保管しておく必要があります。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る