ポータブル電源と電気用品安全法(PSE)

2019年4月26日 / 電気用品安全法

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

パワーバンクいわゆるモバイルバッテリーはリチウムイオン蓄電池として電気用品安全法の対象になっています。

 

ポータブル電源は電気用品安全法の対象にならない

 

キャンプなど屋外での活動に便利なポータブル電源の人気が上昇しているようです。

 

ポータブル電源はUSBポートのほか、交流100Vのコンセントも搭載しているので扇風機や電気毛布などコンセントに繋いで使用する家電製品の電源としても使用する事ができます。

 

ただし蓄電池の出力は原理上は直流に限られているため、交流の電気が出力できるポータブル電源は蓄電池に該当しないということで、モバイルバッテリーにはあたらず、電気用品安全法の対象ではありません。

 

同梱品のACアダプター

 

ポータブル電源の付属品としてACアダプターを同梱して輸入する場合、ACアダプターは電気用品安全法の対象ですので、電気用品安全法で輸入事業者に義務付けられた手続きが必要です。

 

ACアダプターは直流電源装置として特定電気用品にあたりますので、登録検査機関での適合性検査を受けて適合同等証明書の写しの原本を保管しておく必要があります。

 

合わせて、ACアダプターが日本の技術基準に適合していることを確認し、自主検査記録を保管した上で、PSEマークを表示して販売することができます。

 

ポータブル電源の本体は電気用品安全法の対象でなくても、付属品のACアダプターを同梱する場合は、ACアダプターが電気用品安全法の対象になるので、電気用品安全法の手続きをして適法に販売したいものです。

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る