混雑した新幹線の自由席に乗る時に知っておくと得なこと

2015年1月5日 / 足立聖人の考察

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

年末年始や夏休みは帰省ラッシュであらゆる交通が混雑しがちです。

 

新幹線の指定席が取れなかった場合には自由席の列に並ぶことになりますが、どの車両の列に並ぶのが良いか知っていますか。

 

 

自由席が1、2、3号車であれば、2号車に並ぶのが正解です。

 

理由は、2号車は1号車や3号車に比べて座席数が多いからです。

 

1号車は運転席とトイレがあり、3号車には喫煙所とトイレがあるのですが、2号車はそれらが無い分だけ座席数が多いのです。

 

駅のホームに並んでいる人の数が同じであれば、2号車に並ぶと座れる可能性が高いということです。

 

座席の列が1列多いだけで5人分の座席が増えるのですから、覚えておくと良いと思います。

 

それでも、確実に座れるわけではないので、指定席が取れるのであれば指定席に座るのがベストな選択ではあります。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る