建築士事務所開設者に義務付けられていること

2015年9月12日 / 建設業許可

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

建築士法では建築士事務所の開設者に次のことを義務付けています。

 

  1. 設計業務に関する報告書の提出
  2. 一括再委託の禁止
  3. 帳簿及び図書の保存
  4. 標識の掲示
  5. 書類の閲覧
  6. 設計・工事管理契約の際の重要事項説明
  7. 設計等の契約の原則
  8. 書面による契約締結御義務
  9. 書面の交付
  10. 管理建築士の意見の尊重
  11. 設計等の業務に係る損害賠償保険の契約締結等の努力義務
  12. 報告及び立入検査への協力

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る