工事経歴書は個人名が特定されないように注意しましょう

2015年9月1日 / 建設業許可

許認可申請手続き専門の東京都府中市の行政書士あだち事務所の足立聖人です。

 

建設業の工事経歴書

 

建設業許可を新規で受けるとき、業種追加するとき、決算報告の添付書類として工事経歴書があります。

 

工事経歴書には注文者、工事名、工事現場のある場所などを記載する欄がありますが、注文者、工事名についてはその内容により個人名が特定されることのないようにする必要があります。

 

例えば、注文者ならばA氏、B氏、C様、工事名はア工事、イ工事、ウ工事というようもので、特にイニシャルにする必要もありません。

 

個人名が特定されるような記載でなければ良いのです。

 

会社名は伏せてはいけません。

 

 

主な取扱い業務

電気用品安全法に関する手続き・ご相談  建設業許可申請・業種追加・更新手続き  電気工事業登録・開業手続き

太陽光発電設備設置・農地転用許可申請  外国人の在留許可申請手続き  民泊・旅館業許可申請手続き

 

お問合せは ☎042-306-9915まで。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る