ツーリストモデルの例外承認申請を依頼された輸入事業者様

依頼者

関東地方の輸入事業者様

 

サポート内容

関東地方の輸入事業者より相談の電話がありました。

 

トラベル用品を扱っている輸入事業者で、海外旅行者が外国で使用するコンセントの変換アダプターを輸入・販売したいとのこと。日本国内で使用するものではないので、ツーリストモデルの例外承認を受けて家電量販店や空港の売店などで販売したいとのことでした。

 

ツーリストモデルの電気用品は日本で使用するものではありませんので、例外承認の申請には日本の技術基準に適合している必要はなく、仕向地の技術基準に適合していれば良いです。

 

ツーリストモデルの電気用品の例外承認は、日本で使用しないことを前提に例外的に承認されるため、海外旅行者や外国人観光客のみやげ物であって日本で使用できないということを消費者の手に渡るまで徹底する必要があります。

 

卸売問屋、二次問屋、販売店などツーリストモデルの電気用品の流通ルートの全てで、当該電気用品が日本で使用できないということを表示することを誓約し、製品の本体と梱包にも表示をする必要があります。

 

行政書士あだち事務所では、例外承認申請の書類の作成と経済産業省とのやり取りなど、その製品が例外承認を受けるまで対応いたしました。

 

ポイント

例外承認申請は日本の技術基準に適合していなくても良いのですが、仕向地の技術基準に適合している必要があります。

 

海外旅行者や外国人観光客のみやげ物としてだけに販売することを、販売店と誓約書を取り交わしましょう。

 

そんな時は行政書士あだち事務所にご相談いただきましたら、適法に販売できるまでサポートさせていただきます。

 

 

お問合せは ☎ 042-306-9915 まで。

メールは info@adachioffice.comまで(メールソフトが開きます)

 

 


トップページ 代表者のご紹介 事務所概要 取扱い業務 お問合せ 守秘義務について サポート事例

TOPへ戻る