民泊事業で排出されたゴミの扱い

廃棄物の分類

 

廃棄物の処理については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められています。

 

廃棄物とは、占有者が不要になったものをいい、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。

 

産業廃棄物は事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、20種類が法、政令で掲げられています。

 

一般廃棄物は事業系一般廃棄物、家庭廃棄物に分類されます。

 

事業系一般廃棄物は事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、産業廃棄物でないもの、家庭廃棄物は一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物です。

 

廃棄物 産業廃棄物 産業廃棄物 事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、法、政令で定められた20種類
一般廃棄物 事業系一般廃棄物 事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、産業廃棄物でないもの
家庭廃棄物 一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物

 

民泊事業で排出されたゴミは事業系の廃棄物になります。

 

事業系廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分別する必要があります。

 

それらは廃棄物処理の方法が異なりますので、一緒に処理することはできません。

 

事業者はゴミの処理についても責任をもつ必要がありますので、廃棄物処理の許可業者に委託して適切に処理しなければなりません。
お問合せは ☎ 042-306-9915 まで。

 


【関連ページ】

旅館業許可申請(民泊)手続き

旅館業と旅館業法

大田区の国家戦略特別区域の民泊

民泊事業で排出されたゴミの扱い

TOPへ戻る